インクカートリッジとトナーカートリッジの違いとは?

2020年3月25日

こんにちは、アケボノサービスです。

いきなりですが、皆さんはインクカートリッジとトナーカートリッジの違いについてご存じでしょうか?

 インクカートリッジは、インクジェットプリンタで使用され、トナーカートリッジはレーザープリンタや複写機で使用され る消耗品…とは分かるけど「トナーとインクって何が違うの?」と思うお客様も多いと思います。

今回は、インクカートリッジとトナーカートリッジの違いについて紹介します。

印字方法と特徴

インクとトナーでは、それぞれ素材が異なるため印字方法や特徴が違います。

インクカートリッジ

  インクとは着色剤として染料・顔料を用いた液体です。 インクジェットプリンターに使用されており、インクに圧力や熱を加え プリンターノズルから用紙に直接吹き付けて印刷していきます。

 染料インクと顔料インクの2種類を簡単に説明すると次の表になります。

染料インク 顔料インク
紙に染みこむ 紙の表面に定着する
水に弱い 水に強くにじみにくい
発色がクリアーで鮮やか くっきりと濃い線を出すことができる
インクが乾燥するまでに時間がかかる 速乾性がある
光沢感を得やすい 使える用紙の幅が広い

上記の表からわかるように、染料インクは紙に染みこむタイプで写真印刷に適しており、顔料インクは紙の表面に付着するタイプで 単色でのくっきりとした印刷が得意なので文字印刷に適しています。

つまり、インクとは 染料インクと顔料インクを使い分けて幅広い印刷に対応することができ、写真や鮮明な画像を印刷したいという場合に適したものになります。

 デメリットとしては、 大量印刷には適しておらず、専用紙以外での印刷で色が滲む、印刷速度が遅いなどがあります。

トナーカートリッジ

 トナーとは色材として黒鉛や顔料を付着させた、非常に小さな粒状(約5ミクロン)の透明な樹脂からできている粉です。レーザープリンターに使用されており、静電気によってトナーインクを用紙に付着させ、熱や圧力によって用紙に定着させ印刷します。

 トナーを用紙に定着させる印刷方法のため、特殊な加工を施していない用紙にも印刷が可能です。レーザープリンタ専用紙はもちろん、 普通紙(上質紙)、再生紙 、OA用紙(PPC用紙/コピー用紙)、など利用シーンに合わせて用紙を選べるため、大量印刷で用紙にかかる費用を抑えることができます。

 つまり、トナーとはカラーでも普通用紙を使用でき定着性が高く色が滲まないので、文書や図面の印刷を頻繁に行うビジネスシーンでの活躍に向いているものになります。

 デメリットとしては、 繊細な色の表現は低く、長期保管した際に不具合が起きやすいことや比較的高額ということがあります。

まとめ

 インクとトナー、それぞれメリット・デメリットがありますが、2つを比較してみると下記の表になります。

インク トナー
色の再現性が高い 色の再現性がインクより劣る
用紙が決まっている 用途に合わせて用紙が選べる
印刷速度という面ではトナーに劣る 大量印刷に向いている
写真印刷に適している 文章や図面の印刷に適している
比較的、商品価格が安い ランニングコストが良い

 インクカートリッジとトナーカートリッジの印字方法や特徴が異なるため、用途によって適した方を使用していくことをおすすめします。

 アケボノサービスでは、インクもトナーもどちらも販売しております。純正品だけではなく、汎用品やリサイクル品など種類も豊富に取り扱っており、皆様の用途に合ったものが見つかると思いますので、HPも是非ご覧ください。

インクカートリッジ
トナーカートリッジ