菓子統一伝票について

2020年5月28日

こんにちは、アケボノサービスです。

今回は、多くの種類がある統一伝票の中の1つ、菓子統一伝票について説明します。

菓子統一伝票

統一伝票とは

 企業間の取引に必要な伝票(売上伝票・仕入伝票・納品書・請求明細書・物品受領書など)のサイズやフォーマット(様式・記入受理・大きさ・伝票構成・刷色)を各業種、業態ごとに統一して事務処理の効率アップやコストダウンを目的とした取引専用伝票です。

チェーンストア統一伝票 (B様式)百貨店統一伝票 (A様式)菓子統一伝票家電統一伝票 (E様式)統一伝票 C様式スポーツ用品統一伝票家具統一伝票業際統一伝票 など様々な種類(様式)があります。

統一伝票の選び方

 統一伝票の様式や印字内容を決定するのはすべて買手(納入先)側が行うことになっています。買手側に商品名・商品番号・様式などを確認してご利用下さい。

菓子統一伝票とは

 菓子店統一伝票とは、主に菓子業界で使用されている伝票です。

特徴

菓子統一伝票 説明 特徴

伝票番号が2箇所あり、上の枠に「メーカー(仕入先)」、下の枠に「卸(得意先)」を入れることができます。

数量の欄には、ボール内入数、ケース内入数を表示し、バラ総数(納入総数)の算出が可能 です。

タイプ用

タイプ用は、パソコンで伝票を作成するときに使用します。

タイプ用 新タイプ

菓子統一伝票 タイプ用 新タイプ

サイズ: 横12インチ ( 30.5cm ) x 縦5インチ ( 12.7cm )

タイプ用 旧タイプ

菓子統一伝票 タイプ用 旧タイプ

サイズ: 横11インチ ( 27.9cm ) x 縦5インチ ( 12.7cm )

まとめ

 菓子統一伝票は他の伝票と違い、 数量欄に菓子業界特有の数量(ボール、ケース、バラ総数)の算出が可能 なことが大きな特徴といえます。
 新タイプと旧タイプの違いとしては、新タイプは横サイズが12インチ旧タイプは横サイズが11インチとなっています。

  また、上記でも説明しましたが、統一伝票の様式や印字内容を決定するのはすべて買手(納入先)側が行うことになっている為、 買手側にサイズやフォーマットを十分確認して使用していきましょう。

下記URLから菓子統一伝票をご購入いただけます。
菓子統一伝票

百貨店統一伝票以外の統一伝票も取り扱っていますので、よろしければご覧ください。